bmr

bmr>ARTIST db>Tyrese

ARTIST db

Tyrese

Tyrese

タイリース

『ワイルドスピード』シリーズや『トランスフォーマー』シリーズに出演するハリウッド俳優「タイリース・ギブソン」としても知られるR&Bシンガー。ジニュワイン(Ginuwine)、タンク(Tank)とのスーパーR&Bグループ=TGTとしての活動でも知られる。

1978年、ロサンジェルスのワッツ生まれ。フルネームはタイリース・ダーネル・ギブソン(Tyrese Darnell Gibson)。1994年、10代の時にコカ・コーラのCMに出演、バスの中で朗々と歌声を聞かせるCMで一躍注目を集め、Guessやトミー・ヒルフィガーといったブランドのモデルを務める。その後、RCA Recordsの契約を勝ち取り、1998年、19歳の時に“Nobody Else”でデビュー。全米シングル総合チャートで最高36位を記録した。同年9月にデビュー・アルバム『Tyrese』を発表し、“Sweet Lady”が全米シングル総合チャートで最高12位、R&B/ヒップホップ・チャートで最高9位となるヒットに。最終的に『Tyrese』は全米で100万枚を超える成功を収めた。また“Sweet Lady”が2000年の第42回グラミー賞で最優秀R&Bボーカル・パフォーマンス(男性)賞の候補となり、初のグラミー・ノミネーションも得た。

2001年には『2000 Watts』、2002年には『I Wanna Go There』(J Recordsに移籍)と順調に発表していき、特に後者からは、“How You Gonna Act Like That”が全米シングル総合チャートで最高7位となるキャリア最大のヒットに。成熟した魅力を放つR&Bシンガーとしての位置を確立していく。

同時に、1997年に人気ドラマ『Martin』第5シーズンにエピソード・ゲストとして出演するなど俳優としても活動を始めていたタイリースは、2001年にジョン・シングルトン監督による映画『Baby Boy』(邦題『サウスセントラルLA』)で初主演。当初はトゥパック(Tupac)主演で考えられていた作品だったが、トゥパックの死によりタイリースが抜擢される形で実現した映画だった。2003年には『2 Fast 2 Furious』(邦題『ワイルド・スピードX2』)に準主役級で出演、同作のヒットにより俳優として人気を博すようになり、2005年に『フォー・ブラザーズ/狼たちの誓い』、2006年に『アナポリス 青春の誓い』など続々と主演作が公開。2007年には大ヒット作『トランスフォーマー』への出演で俳優のイメージを決定づけた。その後も『ワイルドスピード』シリーズや『トランスフォーマー』シリーズを中心に、数々の作品に出演している。

映画の撮影の間を縫って、2006年末には、ラッパーとしてのオルターエゴ「ブラック・タイ」による作品を含む2枚組という意欲作『Alter Ego』を発表するも振るわず、J Recordsを去ることに。以降、しばらく音楽活動は途絶えたが、自身のレーベル Voltron Recordzを立ち上げ、EMIがディストリビューションを担う形で2011年におよそ5年ぶりのアルバム『Open Invitation』を発表。全米アルバム総合チャートで初登場9位となり、2001年作『2000 Watts』以来初めてトップ10入りしたほか、“Stay”はアダルトR&Bエアプレイ・チャートで1位となったほか、〈Soul Train Awards〉ではソング・オブ・ザ・イヤーに輝くなど好評を博した。また『Open Invitation』は、2013年の第55回グラミー賞で最優秀R&Bアルバム賞にノミネートを受けている。

2013年には、以前から構想が明かされていたジニュワイン、タンクとのスーパーR&Bグループ=TGTとしてAtlantic Recordsとのメジャー契約を勝ち取り、本格的に始動。同年8月にデビュー・アルバム『Three Kings』を発表し、全米アルバム総合チャートで初登場3位、R&B/ヒップホップ・アルバム・チャートで初登場1位と好記録を収める。同作は2014年の第56回グラミー賞で最優秀R&Bアルバム賞の候補にもなり、『Open Invitation』に続いて2年連続で同部門でノミネートを受けた形となった。

TGTはすぐに空中分解してしまったが、2015年にソロとしておよそ3年半ぶりとなる『Black Rose』を発表。キャリア初となる全米アルバム総合チャートで初登場1位を手にした。また、ジェニファー・ハドソン(Jennifer Hudson)がバックコーラスとして参加するという豪華な“Shame”は、R&Bソング・チャートで最高10位、アダルトR&Bエアプレイ・チャートで1位と好評で、2016年の第58回グラミー賞では最優秀R&Bソング賞と最優秀トラディショナルR&Bパフォーマンス賞の2部門でノミネートを受けている。