bmr

bmr>ARTIST db>Initial Talk

ARTIST db

Initial Talk

イニシャル・トーク

デュア・リパ(Dua Lipa)の大ヒット曲“New Rules”を80年代風に仕立てたリミックスが大反響を呼び、以降、カイリー・ミノーグ(Kylie Minogue)を筆頭に様々なアーティストからリミックスのオファーを受けている、東京在住の日本人プロデューサー。

カナダのトロニックボックス(Tronicbox)や、イギリスのサン・ローラン(Saint-Laurent)らをきっかけに2016年頃から流行している「80sリミックス」の流れで注目を集める。デュア・リパのヒット“New Rules”を80年代感たっぷりのシンセ・ポップに仕立て直した“New Rules (Initial Talk 80s Rule Remix)”を2017年10月末に発表すると、80年代の『ミス・ティーン・カナダ・コンテスト』の映像と組み合わせるという洒落っ気もさることながら、デュア・リパと80sサウンドとの相性の良さも話題となり、11月3日に米音楽メディア FADERが紹介したのをきっかけに、米Billboard誌やOUT、Buzzfeedなどの海外メディアがこぞって紹介。FADERの記事をリツイートしていたデュア・リパ側も早々にInitial Talkにコンタクトを取り、話題になってからわずか3週間で、この大人気を博した80sリミックスを公式リミックスとして、ブラックフライデーとなる11月24日に発売した。

このデュア・リパのリミックスは、NMEによる2017年の年間ベスト・リミックス17選にも選出され、「悪ふざけのようだが、このリミックスはそれ自体がアメイジング」と評されるなどリリース後も大きな反響を呼び、これをきっかけに海外からのオファーが殺到。カイリー・ミノーグの2018年作『Golden』からの第一弾シングル“Dancing”の第一弾リミックスを担当したほか、デルタ・グッドレム(Delta Goodrem)、元ガールズ・アラウドのナディーン・コイル(Nadine Coyle)、アルマ(Alma)×ムー(MØ)など様々な海外アーティストのリミックスを手がけている。またデュア・リパの“IDGAF”のリミックスも手がけた。

Initial Talkは、2015年頃から、愛する80年代~90年代のR&B~ポップスの名曲のマッシュアップ・リミックスや、女性シンガーのAISHAをボーカルに据えたマッシュアップ・カバーなどからキャリアをスタート。同時に最新ヒットを80s~90sの名曲とマッシュアップしたリミックスも発表しており、この頃には早くも、ビヨンセやクリスティーナ・アギレラなども手がけるMNEKがTwitter等でInitial Talkのリミックスを「めっちゃいい!」とコメントするなど注目を集め始めていた。

また、ポーラ・アブドゥルとジャネット・ジャクソンのマッシュアップ・リミックスは、ポーラ・アブドゥル自身も称賛。スパイス・ガールズとボビー・ブラウンのマッシュアップ・リミックスは、ディプロによる英BBCのラジオ番組などでもレギュラーを務めるDJベンジーらが取り上げたほか、昨年には米Billboard誌による「スパイス・ガールズ“Wannabe”のベスト・リミックス5選」のひとつにも選ばれた。加えて、SWV名曲を使用したヴァネッサ・ホワイト“Nostalgia”のマッシュアップ・リミックスはヴァネッサ・ホワイトが自身の公式YouTubeアカウントで紹介されている。そして2017年末、デュア・リパの“New Rules (Initial Talk 80s Rule Remix)”が大反響を呼び、注目プロデューサー/リミキサーとして脚光を浴びた。

トロニックボックスらとは違い、オリジナル楽曲も発表しており、2015年には女性シンガーのイマーニ(Imani)をフィーチャーした90s調のオリジナル曲“Lucid Dream”を発表。2016年5月には、このイマーニと共にジェニファー・ロペス曲をカバーした“If You Had My Love”もリリースしており、Initial Talkとしてはこれが商業デビュー・シングルとなる。

そして2017年1月に、Monday満ちるをゲストに迎えたオリジナル新曲“Star”を発表。80年代のアーバンな薫り漂うディスコ・ファンクとなる同曲は彼のオリジナル楽曲の中でも特に人気を博し、2018年5月にはフランクフルトの新興ニュー・ディスコ系レーベル、NDYD Recordsのコンピレーション『Aperitivo Marittimo』に収録されたのに加え、8月にはビクターから7インチ・シングルとして国内発売された。また、2017年2月にはAISHAを迎えた“Girl In A Box”、6月にはエリアンナを迎えた“It’s OK 2 Touch”とリリースしているほか、同10月にはドイツの女性歌手ディーナ・Oとのコラボレーションとなる“I’m In Love”をNDYDから発表した。