bmr

bmr>ARTIST db>Eric Roberson

ARTIST db

Eric Roberson

Eric Roberson

エリック・ロバーソン

Erro名義でも知られるシンガー/キーボーディスト。甘く、しかし甘ったるくはない、やさしく包み込むような美しい歌声と、王道的なジャジー/メローなサウンドに定評のあるR&Bアーティスト。

ミュージック(Musiq)やジル・スコット(Jill Scott)などへの楽曲提供や、ジャジー・ジェフ(DJ Jazzy Jeff)の傑作アルバム”the Magnificent”への参加でその名を知られるようなっただけに、フィラデルフィア、A Touch Of Jazzコネクションのイメージが強いが、実はNew Jersy出身。

日常的にギターを弾き、歌うという父親の元で育ったがためにあまりにも自然に 歌うことを身につけたという彼は94年、Howard University在学中にWarnerから”The Moon”をリリースするもいったんは学業に戻る。大学卒業後、再び音楽業界に加わり、ソングライティングの分野で着実にキャリアを積み上げてきた。

先述のジャジー・ジェフらのほかにも、112、ウィル・ダウニング(Will Downing)、ケイス(Case)、ヴィヴィアン・グリーン(Vivian Green)らに優れた楽曲を提供、ストレートにメローで、やさしい歌を作ってきた。

そんな彼が2001年スタジオに入り、制作したフルアルバムが”The Esoteric Movement”。限定プレスのみでリリースされたこの一枚にはあっというまにプレミアがつき、彼の評価を一気に高めることとなった。

その後2004年には”Vault 1.5″、2005年には”The Esoteric Movement”の2曲を加えた”Esoteric”をリリースしている。