bmr

bmr>ARTIST db>Consequence

ARTIST db

Consequence

Consequence

コンシークエンス

コンシークエンス(Consequence)は15歳にしてア・トライブ・コールド・クエスト(A Tribe Called Quest)のシングル”Award Tour”のB面に収録された”The Chase Part 2″に客演、その後95年に正式メンバーとなった。同グループのメンバー、Qティップ(Q-tip)のいとこにあたる彼は翌96年にリリースされたトライブの4thアルバム、”Beats, Rhymes & Life”で大々的にフィーチャーされ、特に女性ボーカルをフィーチャーしてヒットしたシングル”Stressed Out”への参加で注目を集めた。

彼自身は自らのソロ活動を望んだにも関わらず、Qティップとの血縁という大きすぎる縁が逆にレコード会社との軋轢を生み、トライブの活動休止に伴ってアルバム”Hostile Takeover”がお蔵入りに。

2000年代に入り、彼はミックステープ作品をリリース、その制作過程で、勢いを増しつつあったカニエ・ウエスト(Kanye West)と出会う。2人は意気投合、ドゥウェレ(Dwele)のメジャーデビューシングル、”Hold On”のリミックス、カニエ自身のアルバムに収録された”Spaceships”を制作する。さらにカニエ・ウエストが立ち上げたレーベル、G.O.O.D.と契約を結び、そのバックアップのもと、2004年にアルバム”Take ‘em to the Cleaner”をリリース。カニエのプロダクションやトライブの名作をリメイクするなど、注目を集めた。2005年には過去のお蔵入り音源やメジャーデビューアルバムをリリースする予定。