bmr

bmr>ARTIST db>Amerie

ARTIST db

Amerie

Amerie

エイメリー

透明感のある歌声と古き良きHIPHOPのテイストを踏まえたサウンドで人気の高い女性R&Bシンガー。2002年にリリースされたデビュー曲”Why Don’t We Fall In Love”が大方の予想を越えるスマッシュヒットとなり、ファースアルバム”All I Have”も好評を博すこととなる。

アフリカン・アメリカン/韓国系のハーフで、軍人を親に持つ彼女はアラスカ、ドイツ、ヴァージニア、ワシントンDCなどを転々としながら育ったという。画家、ピアニスト、シンガーという多彩な顔を持った母親の影響を受けてアートの世界に興味を持っていたが、 マドンナ(Madonna)、メアリーJブライジ(Mary J. Blige)、トニ・ブラクストン(Toni Braxton)、ホイットニー・ヒューストン( Whitney Houston)といったシンガーたちに魅力を感じるようになる。同時に父親の持っていた古いソウルミュージックのコレクションを聴くようになり、R&Bシンガーの道を選んだという。

その後、彼女はブレイク直前のリッチ・ハリソン(Rich Harrison – ジェニファー・ロペス(Jennifer Lopez)のリードカット”Get Right”を手がけるなど、いまや重要プロデューサーとして注目を集める人物)と出会い、2人はタッグを組んで楽曲を制作。そこで制作されたデモがコロンビアに認められてデビューへと至った。また同時にナズ(Nas)の”Rule”、ロイス・ダ・5’9″(Royce Da 5’9″)の”Life”などに参加、HIPHOPヘッズへも強烈な印象を残している。

2005年のセカンドアルバム”Touch”からはゴーゴービートを使ったリードシングル”1 Thing”が大ヒット。続くサードアルバム”Because I Love It”はヨーロッパ、日本で2007年に先行リリースされ好評を博すも、本国アメリカでは延期を繰り返し結局発売されていない。