bmr

bmr>ARTIST db>MC Jin

ARTIST db

MC Jin

MCジン

マイアミ出身のMCジンはフリースタイルの名手として数々のバトルを繰り広げ、中国系アメリカ人として初めて米メジャー・レーベルと契約したことで知られるラッパー。本名はオウヤン・ジン(Jin Au-Yeung 歐陽靖)。

1982年生まれ。ノースマイアミビーチ高校を卒業後、ラッパーを志して2001年に両親と共にニューヨークはクイーンズに移住。ここで様々なラップ・バトルに挑み、腕を磨いていく。そしてBETの人気番組『106 & Park』で始まったフリースタイル・バトル・コーナー「Freestyle Friday」で7週連続勝ち抜きという快挙を達成し、Ruff Rydersのメンバーとして迎えられる。そのラップスキルには大きな期待がかけられ、間髪いれずにワイクリフ(Wylcef Jean)らが手がけたメジャー・デビュー・シングル“Learn Chinese”、メジャー・デビュー・アルバム『The Rest Is History』をリリース。大きなヒットには恵まれず、Ruff Rydersを離れることになったが、2005年に『The Emcee’s Properganda』、2006年に『I Promise』とインディから精力的にリリースをしている。

2007年にはファーイースト・ムーヴメント(Far East Movement)のプロデュースで、初の広東語ラップ・アルバム『ABC (American Born Chinese)』を発売。2008年からは香港に活動の拠点を移したジンは、Universal Music Hong Kongの目に留まり、『ABC』をUniversal Music Hong Kongから再発売した。また香港では俳優業も始め、『李小龍(ブルース・リー) マイブラザー』ではユニコーンを演じたほか、RZA監督の『アイアン・フィスト』を始め、『リベンジ・オブ・ザ・グリーン・ドラゴン』などにも出演した。

2013年からはアメリカに戻って活動を続けている。