bmr

bmr>ARTIST db>Q-Tip

ARTIST db

Q-Tip

Q-Tip

Qティップ

ア・トライブ・コールド・クエスト(A Tribe Called Quest)のラッパー/プロデューサーとしてシーンに登場した彼はHIPHOPアーティストのなかでももっともコアなファンの多い男の一人だろう。そのキャリアの初期からさまざまなアーティスト(the Beastie Boys、Jungle Brothers、De La Soul、the Alkaholiks、the ROOTS、Nasなどなど…)のプロデュースに関わり、そのほとんどすべての作品を「よい音楽」に仕立て上げてしまう影響力、アイディアとセンスは鉄板の信用度を誇る。MCとしても鼻にかかった独特の声は誰にでも覚えやすく、ちょっとHIPHOPを聴いたことがある者なら誰でも知っている男といえるだろう。

グループの解散後はソロ・アルバム”Amplified”をリリース、エレクトリックなビートにプレイヤー・スタイルのリリックに、一部のファンが離れる結果を招くが、その後も一流ミュージシャンを集めたプロジェクト、カマール・ジ・アブストラクト(Kamaal the Abstract)としてレコーディングを行うなど、シーンの注目を集める。しかしこの録音は結局正規にリリースされておらず、新たなプロジェクトが期待されている。

余談だが彼はグループ解散と相前後して自宅が火災にみまわれ、その一大レコードコレクションを消失するという不幸を経験している。

新作”the Renaissance”のタイトルばかりが聞こえては遠くなり、という状態が何年か続く中、2005年にはシングル”For the Nasty”、2007年に”Work It Out”とシングルを発表。またコモン(Common)とのユニット、ザ・スタンダーズ(the Standards)結成を公表した。翌2008年に既発曲や未発表曲を集めたアルバム”Abstract Innovations”をリリースしている。