bmr

bmr>ARTIST db>Bone Thugs-N-Harmony

ARTIST db

Bone Thugs-N-Harmony

Bone Thugs-N-Harmony

ボーン・サグスン・ハーモニー

クリーヴランド出身のラップグループ。初期メンバーはクレイジー・ボーン(Krayzie Bone), ウイッシュ・ボーン(Wish Bone), フレッシュン・ボーン(Flesh-N-Bone), レイジー・ボーン(Layzie Bone)、ビジー・ボーン(Bizzy Bone)で、1994年にイージー・E(Eazy-E)のレーベルRuthlessと契約し、EP”Creepin on ah Come Up “でデビュー。

早口でメロディアスな独特のスタイルが売りで、EPからのカット”Thuggish Ruggish Bone”が話題に。翌’95年、イージー・Eがエイズの為他界してしまうが、ギャングスタ・ラップのスタイルを流行させ、その言動などでも事有るごとに何かと物議をかもし出し、徹底的にヒールとして見られていたイージーの死を世間は悲しみ、同年にリリースされたボーンのアルバム”E 1999 Eternal”のセールスにそれが反映する形となる。”1st of the Month”や”EAST 1999″、さらにグラミー賞で”ベストラップパフォーマンス(デュオ/グループ)”を獲得する”Tha Crossroads”等を収録。400万枚以上のセールスをあげた。

続くセカンドアルバム”The Art of War”(’97)もセールスこそはマルチ・プラチナムを達成するものの、あまりにも特徴的なスタイルに対して大きな変化が見られることが無く、そこからグループとしてはシーンの第一線から徐々に身を引いていく格好になる。2000年にリリースした3rdアルバム”BTNH Resurrection”や2002年の4thアルバム”Thug World Order”にも、それぞれ”Change the World”や”Get Up & Get It”などのヒット曲はあるのだが、近年はビジー・ボーンが脱退させられるトラブルもあり、グループとしてのイメージは多少低下気味である。

2006年にはなんとスウィズ・ビーツ(Swizz Beatz)nのFull Surfaceレーベルと契約。2007年にアルバム”Strength & Loyalty”をリリースし、好評を得ている。