bmr

bmr>ARTIST db>Juvenile

ARTIST db

Juvenile

Juvenile

ジュヴィナイル

ニューオリンズ出身のMC。イメージとは違い、実はそのキャリアは長く、1995年に老舗レーベルWarlockからデビューアルバム”Being Myself”をリリースした後、Cash Moneyと契約。2ndアルバム”Solja Rags”をリリースするとアンダーグラウンドでの人気が広がっていき、キャッシュ・マネー・クルーがその隆盛を誇り始めていた’98年に3枚目のアルバム”400 Degreez”をリリース。シングル”Ha”や”Back that Azz Up”が大ヒットを記録した。

その後も’99年に”U Understand”等のヒットシングルを含む4枚目のオリジナルフルアルバム”The G-Code”を、2000年にはレーベルCash Moneyから離れ5枚目の”Playaz of Da Game”をリリース。2001年にはまたもCash Moneyに戻りヒットシングル”Set it Off”等を含む6枚目のアルバム”Project English”をリリースするが、3rdアルバムほどの大きなヒットには恵まれずに終わってしまう。

が、2003年にリリースされた実に7枚目となるオリジナルアルバム”Juve the Great”からは、既に”In My Life”、”Bounce Back”、特にヘヴィーローテーションの”Slow Motion”と立て続けにヒットを連発。しっかりと揺るがない地盤を築き上げたマニー・フレッシュ(Money Fresh / Big Tymers)のサウンドと共に、再度スターダムの頂点を目指して活躍中である。