bmr

bmr>ARTIST db>The Roots

ARTIST db

The Roots

The Roots

ザ・ルーツ

フィラデルフィア出身のバンド演奏をベースにしたヒップホップグループ。ドラマーのクエストラブ(?uestlove)を中心に、MCのブラックソート(Blackthought)、マリクB(Malik B)、ヒューマンビートボクサーのラーゼル(Rahzel 現在は脱退)、スクラッチ(Scratch)などのメンバーを擁する。

90年代初期の「ジャズ・ヒップホップ」という一時の流行のなかでシーンに登場した彼らだが、実際にはサンプリング、プログラミングとDJを中心にした既存のHIPHOPを、より音楽的に進歩させるという独自の可能性を示し続けてきた。インディでの”Organix”、メジャーデビューとなる”Do you want more???”、その存在感を確立した”Illadelpf Halflife”と、作品ごとにそのサウンドを洗練させていく中でクエストラブのプロデュース活動が注目を集めていくようになる。ディアンジェロ(D’angelo)、コモン(Common)、エリカ・バドゥ(Erykah Badu)といった「ニュークラシックソウル」、あるいは「オーガニック」と呼ばれるアーティストの作品には必ずといっていいほど関わり、音楽シーンの中でも注目を集めるようになる。

ライブ盤”the ROOTS Comes Alive!”を経た、4パターンのジャケットが制作されるなどプロモーションにも力が入ったサードアルバム”Things Fall Apart”では、シングル”You Got Me”がヒット。エイトビートから、よりパーカッシブな方向に向かいつつあったシーンの動向をしっかりとつかんだドラマチックなビートと、エリカ・バドゥの歌う強力なメロディとが強烈なイメージを残すことに成功し、この曲でグラミーを獲得した。これにより安定したファン層を獲得した彼らは、その後もアルバム”Phrenology”から2004年の”Tipping Point”とコンスタントなリリースとライブ活動を展開している。

一方でクエストラブは精力的なプロデュース活動を展開、James Poyser、ジェイ・ディー(J Dilla a.k.a Jay Dee)らとともに結成したソウルクエリアンズ(Soulquarians)などで幅広い作品を手がける。彼が関わった作品にはディアンジェロ”Voodoo”やエリカ・バドゥ”Mama’s Gun”コモン”Like Water for Chocolate”など数々の傑作が含まれ、現在の音楽シーンでももっとも名の売れたドラマーにしてHIPHOP界でももっとも重要なプロデューサーの一人となっている。

2004年”the Tipping Point”、2006年政治的内容が賛否を呼んだ”the Game Theory”と、ソリッドでロック的な色合いが見える作風の2作品をリリース。引き続きライブ活動も精力的に展開中。

2008年には歌サビを多用、リズムも幅広いカラフルなアルバム”Rising Down”をリリース。また2009年からアメリカの人気番組”Late Night with Jimmy Fallon”の‘ハウス・バンド’となったことにより、平日夜、毎日テレビに出演し演奏を披露。これにより彼らのコネクションを生かした多彩なアーティストたちがライブ出演することになり、注目を集めている。

また2010年には9作目となるオリジナルアルバム”How I Got Over”をリリース予定。
(photo by Miles Tsang under the license of Creative Commons No Derivative Works 3.0 Unported)