bmr

bmr>ARTIST db>Jennifer Lopez

ARTIST db

Jennifer Lopez

Jennifer Lopez

ジェニファー・ロペス

プエルトリカンの両親の元、ブロンクスで産まれる。16歳で映画”My Little Girl”の端役を経験し、ダンスに励み奨学生としてマンハッタンの学校でクラスを取るも、母親の言葉に動かされ女優を目指す。幾度もオーディションに落ちるものの、人気コメディシリーズ”In Living Color”に出演すると、そこから女優としてのスターダムを駆け上がる。

そのかたわらで、自身の音楽キャリアをスタートさせるきっかけとなったデモテープを全曲スパニッシュで録音。当然のようにレコード会社数社間での契約争奪戦となり、遂に1999年にアルバム”On the 6″でソニーからデビューを果たす。ヒップホップ畑ではロドニー・ジャーキンス(Rodney Jerkins)やP・ディディー(P.Diddy / Sean ”Puffy” Combs)がプロダクションに参加しており、ロドニーの手掛けた”If You Had My Love”などが大ヒット。「第二のグロリア・エステファン」などと評されるようになり、アルバムセールスもトリプル・プラチナムを達成する。

有名税からか様々なゴシップも飛び出すが、2001年リリースの”J Lo”はそれをモノともせずに大ヒットを記録。シングル”I’m Real Remix”や”Ain’t It Funny”では大ネタを使用、ジャ・ルール(Ja Rule)等の旬で豪華なゲスト陣を迎え、ポップスシーンの重要な位置を占めるようになっていたHip Hop / R&Bアレンジで大成功を収めた。このアルバム収録の”Play”にはクリスティーナ・ミリアン(Christina Milian)もライターとして参加している。

2002年の暮れにかけて、ビートナッツ(The Beatnuts)の大ヒットシングル”Watch Out Now”のトラックを引用し、ゲストにはジャダキス(Jadakiss)等を迎え、ヒップホップクラシック”South Bronx”のビートまでも使用したシングル”Jenny from the Block”が大ヒット。同曲で地域をリプリゼントする形でストリート寄りのキャラクターアプローチをし、クラブ・ダンスミュージック全盛のシーンを意識してやはり大ネタを使用した”Loving You”等もヒット。リリースされたアルバム”This is Me…Then”もダブルプラチナムを達成している。

有名税からか、その私生活の派手さばかりを取り上げられ中傷されたり、P・ディディーとの付き合いや俳優ベン・アフレックとの婚約・破局などを報道されるなど、数々の話題を振りまいて来ているが、2004年、遂にマルチタレントのマーク・アンソニー(Marc Anthony)と自身3度目の結婚をした事で、ゴシップ誌の一面からはしばらく遠ざかっているようだ。