bmr

bmr>ARTIST db>Group Home

ARTIST db

Group Home

グループ・ホーム

DJプレミア(DJ Premier)がフルプロデュースを手がけてデビューさせ、大いに話題となったツインMCのユニット。リル・ダップ(Lil’ Dap)とナットクラッカー(Nutcracker)の2人で構成され、デビュー前にリル・ダップはギャング・スター(Gang Starr)の”I’m the Man”(3rdアルバム”Dayly Operation”に収録)に、グループとしてはジェルー(Jeru the Damaja)のデビューアルバム”The Sun Rises in the East”にも参加している。

まず鳴り物入りのデビューシングル、”Supa Star”からしてプレミアのベストワークの1曲とされ、続くシングル”Livin’ Proof”同様今でもクラブでプレイされるヒップホップクラシックである。そんな名作ばかりが収録された”Livin’ Proof”(’95)は高評価を軒並み獲得していくが、レーベルPaydayとのトラブルからの契約破棄、ギャングスター・ファウンデーション (Gang Starr Foundation)内外でのトラブル等で、次第にシーンの表舞台から名前が消えていってしまう。未発表音源集の”East NY Theory”や客演などでのアンダーグラウンドヒット等も残した後、’99にセカンドアルバム”A Tear For The Ghetto”で再起を図るも、プレミアのバックアップから離れてしまった後の評価は厳しくなった。

2008年、服役中のナットクラッカーの役割は小さいものの、サードアルバム”Where Back”をリリースした。