bmr

bmr>ARTIST db>Eminem

ARTIST db

Eminem

Eminem

エミネム

このデトロイト出身のMCは「HIPHOPのエルビス・プレスリー」的存在。99年の登場以降、2000年代を通して世界中でもっとも売れているアーティストとなった。

スリム・シェイディ(Slim Shady)ことエミネムは地方都市の貧困層出身のMC。家庭環境に恵まれなかった子供時代の鬱屈したエネルギーを、斜にかまえたものの見方とウィットに富んだ激烈な口の悪さに転換してのけ、作品中で自分の母親をも攻撃している。

1972年、Kansas Cityの近郊で生まれ、Detroitとの間を行ったりきたりする生活を繰り返した。14歳にしてManix and M&Mというグループを結成(M&M=EMINEMで本名のイニシャルからとったもの)、黒人ばかりの聴衆からの差別に対抗するためにバトルMCの道に踏み込む。その後the New Jacks、Soul Intentというグループを経て、現D12のメンバー、Proofと出会う。これをきっかけにD12というグループの活動が始まる。

一方で生活環境、特に母親との関係が悪化していったことで自らのダークな側面を育てた彼は、よりペシミスティックで、神経質な笑いに満ちたキャラクター、Slim Shady を作り上げる。

あるMCコンテストをきっかけにドクター・ドレー(Dr. Dre)に紹介された彼は、ドレーとの対面から一時間後にはともにレコーディングを開始、最初のヒット曲となった”My Name Is”を制作したという。

99年にリリースしたメジャーデビューアルバム、”Slim Shady LP”殻は先述の”My Name Is”が大ヒット、いきなり300万枚を売り上げる。エムの強烈なキャラとスキル、それに見事な化学反応を起こしたドレーのビートというこの路線はそのまま維持され、ドレーのクラシックアルバムとなった”2001″(1999)にもフィーチャーされる。

着実に注目を集めた彼は2001年には”Marshall Mothers”をリリース、このアルバムが発売後わずか一週間で200万枚近くを売り上げるという驚異的な記録を打ち立てる。これほどの人気振りを示したためか、アルバム中で彼が攻撃した数々の対象、母親、元妻、ゲイ団体などなどから訴訟を起こされた彼だが、その後も旧友らとD12としてのファーストアルバムをリリースするなど精力的に活動、さらに映画”8 Mile”の公開に至る。

彼が主演したこの映画、彼自身の半生を下敷きにした、HIPHOPの世界で勝ち上がっていく天才の姿を描いた完成度の高いものとなり、一般層の間でも大ヒットを記録する。その後も人気は衰えず、サードアルバム”Eminem Show”(2002)も1900万枚を売り上げ、D12のセカンドアルバム”D12 World”と立て続けにリリース。

その一方、自身のレーベルShady Recordsを立ち上げ、50セント(50 Cent)とそのグループG-Unitを世界に送り出し、トップアーティストに仕立て上げるなど、誰にも止められない勢いを見せた。

その勢いのまま、2004年には”Encore”を発表。ブッシュ政権を批判した”Mosh”や”We Are Americans”、”Like A Toy Soldier”などメッセージ性の高い楽曲はもちろん、お得意のお下劣ソング”Just Lose It”などをヒットさせている。以降はShady Recordsのコンピレーションなどをリリースするも、2009年までブランクを空けた。同年には久々のアルバム”Relapse”を発表、続けて”Relapse 2″を発表すると予告したが、結局”Recovery”とタイトルを改めて2010年に発売される。

(photo by Nigel Parry)