bmr

ARTIST db

NF

NF

エモーショナルで力強いラップで畳みかけるさまがエミネム(Eminem)と度々比較されるミシガン出身の若手白人ラッパー。クリスチャン系のレーベルに所属することから「クリスチャン・ヒップホップ」としてカテゴライズされることも少なくないが、本人は「クリスチャンではあるが、クリスチャン・ラッパーだとは思っていない」としている。

フルネームはネイサン・ファイアスタイン(Nathan Feuerstein)。1991年生まれ、ミシガン州グラッドウィン出身。親が離婚し、薬物中毒の母親、暴力を振るう母の恋人といった環境で音楽だけが救いだったという彼は、そのうちに自身が抱える問題をラップとして歌詞にしていく。2009年にはラップ・バトル大会でミシガン1位に輝き、翌年、本名のネイサン・ファイアスタイン名義で『Moments』というアルバムを自主リリース。これが目に留まり、一時はクリスチャン・ヒップホップのレーベル、XIST Musicと契約し、これはうまくいかなかったものの、その後、地元のプロデューサーであるトミー・ピット(Tommee Profitt)と制作した“Wake Up”が注目され、2014年にユニバーサル系列のクリスチャン・ミュージックのレーベルであるCapitol CMG (Christian Music Group)とのメジャー契約を獲得。MC名をNFと改める。

同年、“Wake Up”を含むメジャー・デビューEP『NF』を発表。米ゴスペル・アルバム・チャートで初登場4位、ラップ・アルバム・チャートで15位と反響を得、「クリスチャン・ヒップホップのエミネム」などと呼ばれ、注目が集まるように。2015年にはメジャーでの初のフル・アルバムとなる『Mansion』を発表し、米アルバム総合チャートで初登場64位と初めて同チャートに登場。米クリスチャン・アルバム・チャートでは初登場1位となった。さらに2016年4月に発表された『Therapy Sessions』では、全米アルバム総合チャートで初登場12位となっただけでなく、実売セールスでは同日発売だったエイサップ・ファーグ(A$AP Ferg)の『Always Strive And Prosper』を上回り、実売数を競う米ラップ・アルバム・チャートではファーグを上回って初登場1位を獲得という番狂わせを見せた。

2017年10月には、『Perception』で全米アルバム総合チャート初登場1位を達成している。また、同作は初めて米R&B/ヒップホップ・アルバム・チャートにもカウントされ、同チャートでも初の1位を手にした。さらにアルバム発売の翌月には、『Perception』からのシングル・カットである“Let You Down”が全米シングル・チャートの61位にチャートイン。これまでクリスチャン・ソング・チャートではヒットを飛ばしてきたが、自身初のシングル総合チャート入りとなった。また“Let You Down”はクリスチャン・ソング・チャートで自身初のナンバーワン・ヒットとなっている。