bmr

bmr>ARTIST db>Post Malone

ARTIST db

Post Malone

Post Malone

ポスト・マローン

2016年1月に全米シングル・チャート14位まで上昇した“White Iverson”や、2017年後半に全米シングル・チャートを席巻した“rockstar”の大ヒットなどで知られるユダヤ系ラッパー/シンガー。ロックやカントリーからの影響も色濃く、自身は自分の音楽をジャンルレスだとしている。

本名はオースティン・ポスト(Austin Post)。“White Iverson”のヒットのためか、「マローン」の由来はアレン・アイヴァーソンと同じくNBA選手であるカール・マローンではないかと噂されているが、本人は否定している。

1995年、ニューヨーク州シラキュース生まれ。幼少期はダラスで育ち、父親の聞いていたメガデス(Megadeth)やメタリカ(Metallica)といったヘヴィメタルを聞いていたという。音楽ゲーム『ギターヒーロー』の影響でギターを学び始め、また音楽制作ソフトのFL Studioでトラック制作を始めるようになり、16歳の時にはミックステープを制作し始めるようになったという。シラキュース大学卒業後にロサンジェルスに移住、そこで若手プロデューサーのレックス・クドー(Rex Kudo)と知り合い、“White Iverson”が生まれる。ブレイズ・ヘアーを決めた自分の姿が「白人版アレン・アイヴァーソン」みたいだと思ったところから名付けられた“White Iverson”は、2015年2月にsoundcloudで公開されると、7月のミュージック・ビデオの公開と共に人気が拡大。同年8月にはRepublic Recordsとのメジャー契約を獲得した。2015年末にはフレンチ・モンタナ(French Montana)とレイ・シュリマー(Rae Sremmurd)参加バージョンも発表され、2016年1月に全米シングル・チャートで14位まで上昇するヒットを記録する。

2016年には、2月に発表されたカニエ・ウェスト(Kanye West)の話題作『The Life Of Pablo』に“Fade”で参加し、同年3月から7月にかけてのジャスティン・ビーバー(Justin Bieber)の世界ツアー〈Purpose World Tour〉の北米公演の前座に抜擢されるなど活躍の場を広げる。そして2016年12月にはジャスティン・ビーバーやケラーニ(Kehlani)、ミーゴス(Migos)のクエヴォ(Quavo)らが参加したメジャー・デビュー・アルバム『Stoney』を発売。ここからシングルカットされたクエヴォとの“Congraturations”は2017年6月に全米チャート最高8位のヒットを記録している。そしてトゥエニーワン・サヴェジ(21 Savage)をゲストに迎えた“rockstar”は、Apple Musicでのリリース1週目の週間ストリーミング再生回数で過去最高となる2500万回/週という新記録を打ち立て、9月末に全米シングル・チャート初登場2位を記録。その後、1位へと上昇している。

なお、ポスト・マローンは、米ヒップホップ専門誌XXLが今後の活躍が期待される若手ラッパー10組を選ぶ恒例企画「XXL Freshman Class」の2016年版の候補に検討されていたが、編集長はポスト・マローン側から「彼はヒップホップ側にそれほど注意を払っておらず、もっとロックやポップス、カントリーの方向を向いている」と言われたため断念したと発言した。