bmr

bmr>ARTIST db>Kali Uchis

ARTIST db

Kali Uchis

カリ・ウチース

レトロな雰囲気を漂わせながらオールディーズ風ポップを歌い、エイミー・ワインハウス(Amy Winehouse)らと比較される西海岸のコロンビア系アメリカ人女性シンガー。本名はカーリー・ロアイザ(Karly Loaiza)。ジャズやドゥワップなどの影響を受けており、サックスも演奏できるという。カリ・ウチースという名は、父親が付けた彼女のニックネームに由来する。

1994年生まれ。ワシントンDC郊外で生まれたという。コロンビア共和国出身の両親は、コロンビアに帰ってはまたアメリカに戻るという生活をしばらくしていたため、幼少期はコロンビアに住んでいたこともある。2012年、18歳の時に初のミックステープ『Drunken Babble』をリリース。ヒップホップやダンスホール・レゲエのビートに乗せてジャズ・ブルースのような歌唱を聞かせるというこの作品から、翌年に“What They Say”のミュージック・ビデオを制作。すると、スヌープ・ドッグ(Snoop Dogg)からTwitterを介して連絡をもらい、翌2014年にリリースされたスヌープのミックステープ『That’s My Work Volume 3』に収録された“On Edge”にフィーチャーされた。

スヌープ・ドッグだけでなく、SNSを介して彼女へのオファーが続き、2014年にはさらにタイラー・ザ・クリエイター(Tyler, the Creator)の“Aunt Wang Syrup Theme Song”やゴールドリンク(GoldLink)の“Divine”(『The God Complex』収録)、スヌープ・ドッグ(Snoop Dogg)の“On Edge”(『That’s My Work Volume 3』収録)などにフィーチャーされたことで注目を集め、2015年にタイラー・ザ・クリエイター、ディプロ(Diplo)、ケイトラナダ(KAYTRANADA)、バッドバッドノットグッド(BADBADNOTGOOD)ら参加のデビューEP『Por Vida』を発表。同年にはタイラーの『Cherry Bomb』に複数曲で参加し、メジャー・レイザー(Major Lazer)『Peace Is The Mission (Expanded Edition)』でフィーチャーされたことも話題になった。

2016年10月には、ゲスト参加したダニエル・シーザー(Daniel Caesar)“Get You”が発表され、2017年2月まででApple Musicでの再生回数が1000万回を超える大ヒットを記録。またゴリラズ(Gorillaz)の久々の新作『Humanz』にも参加するなど、注目を集めている。