bmr

bmr>ARTIST db>Kamaiyah

ARTIST db

Kamaiyah

カマイヤ

2017年の「XXL Freshman Class」に選出されたオークランド出身の新進女性ラッパー。TLCやミッシー・エリオット(Missy Elliott)など90年代のR&B~ヒップホップを意識した作風で知られる。フルネームはカマイヤ・ジョンソン(Kamaiyah Johnson)。

1992年、オークランド生まれ。2015年に発表したGファンク調のデビュー・シングル“How Does It Feel”は、Pitchforkによる「2015年のベスト・トラック100」ランキングで91位、NPRの「2015年のお気に入り曲」に選出されるなど話題となる。2016年3月には、この“How Does It Feel”を始め、スヌープ・ドッグ(Snoop Dogg)“Doggy Dogg World”ネタの“Freaky Freaksなどを収録したデビュー・ミックステープ『A Good Night In The Ghetto』をリリース。直後にはInterscope Recordsとのメジャー契約が発表された。『A Good Night In The Ghetto』はComplexやPitchforkの2016年の年間ベスト・ランキングに選出されたほか、米Rolling Stone誌の「2016年のベスト・ラップ・アルバム40」で17位に、英Guardian紙の「2016年のベスト・ミックステープ15」の1作に選ばれるなど、高い評価を集めた。また、同年には”YGの“Why Ya Hatin’”にドレイク(Drake)と共にゲストとして招かれたことでも知名度を上げる。

2017年6月、米ヒップホップ誌XXLが毎年6月に発表している恒例企画「XXL Freshman Class」の2017年版で、「ネクスト・ジェネレーション」として期待される若手のひとりとして選出されている。