bmr

bmr>ARTIST db>Kodak Black

ARTIST db

Kodak Black

Kodak Black

コーダック・ブラック

ドレイク(Drake)による紹介や、米ヒップホップ誌XXLによる「XXL Freshmen Class」の2016年版に選出されたことで注目を集めた1997年生まれの新進ラッパー。2017年に“Tunnel Vision”が全米シングル・チャートにトップ10入りするヒットを記録し、デビュー・アルバム『Painting Pictures』が全米アルバム・チャートで初登場3位となった。

ハイチ系移民の両親のもと、フロリダ州ポンパノビーチで生まれる。本名はジュソン・オクテイヴ(Dieuson Octave)。幼少期から「ブラック」というニックネームがあり、12歳でラップ・グループを始めたときもJ・ブラック(J-Black)と名乗っていた。その後コーダック・ブラックと名乗るようになり、2013年12月、16歳でデビュー・ミックステープ『Project Baby』を発表した。

転機となったのは2015年。彼を気に入ったドレイクは、7月に放送されたBeats 1でのラジオ番組「OVO Sound」にて、『Project Baby』収録の“Shoulda Woulda”をプレイしたのに続き、同年10月には、コーダック・ブラックが2014年12月に発表したミックステープ『Heart Of The Projects』に収録されていた“SKRT”に合わせて踊るビデオをInstagramに投稿。これで一躍注目を集め、Atlantic Recordsとのメジャー契約を手にする。翌年には、フレンチ・モンタナ(French Montana)の“Lockjaw”にフィーチャーされ、初めて全米シングル・チャートに登場。全米チャート最高73位/米ラップ・チャート最高16位を記録した。また、同年発表したミックステープ『Lil B.I.G. Pack』で自身初の全米アルバム・チャート入りを果たす(全米134位)。直後には、「XXL Freshmen 2016」にも選出された。