bmr

bmr>ARTIST db>Alessia Cara

ARTIST db

Alessia Cara

Alessia Cara

アレッシア・カーラ

2015年末から2016年頭にかけて、ポーティスヘッド(Portishead)の名曲“Glory Box”同様にアイザック・ヘイズ(Isaac Hayes)“Ike’s Rap II”をサンプリングしたデビュー・シングル“Here”がヒットを記録したことで知られる、カナダの若手ポップ~R&Bシンガー。イタリア系で、フルネームはアレッシア・カラチオロ(Alessia Caracciolo)。

1996年、カナダのオンタリオ州南部で、トロントにほど近いバンプトンで生まれる。10歳の時にアコースティック・ギターを手にとり、エイミー・ワインハウス(Amy Winehouse)に衝撃を受けて、ギターを片手に歌うようになったという。13歳の頃から自身が歌う映像をYouTubeで公開するようになり、2013年に公開したザ・ネイバーフッド(The Neighbourhood)“Sweater Weather”のカバー動画が数十万回も再生される反響を呼ぶ。そしてこの動画を、EP Entertainmentの創設者のひとり、トニー・ペレス(Tony Perez)の娘が気に入っていたことがきっかけとなって、EP Entとマネジメント契約を結ぶ。そして2014年には18歳の若さでDef Jam Recordingsとのメジャー契約を手にした。

2015年4月にポップ&オーク(Pop Wansel & Warren “Oak” Felder)がプロデュースしたデビュー・シングル“Here”を発表。8月末には“Here”も収録したデビューEP『Four Pink Walls』をリリースするが、そのひと月前に人気番組『The Tonight Show starring Jimmy Fallon』でTV初登場し、ザ・ルーツ(The Roots)の演奏をバックに“Here”のライブ・パフォーマンスを披露して大きな注目を集めるようになる。同年10月にはテイラー・スウィフト(Taylor Swift)のワールド・ツアーのタンパ公演でサプライズ・ゲストとして呼ばれ、テイラー・スウィフトと共に“Here”を披露するなど露出が拡大していき、その直前には“Here”がついに全米チャートのトップ20にランクインした。

この勢いに乗って、11月にデビュー・アルバム『Know-It-All』(→ 全曲フル試聴)を発売し、全米チャート9位に初登場となった。『Know-It-All』発売の効果もあって、Here”は11月末には10位まで上昇、その後もじわじわと伸び、2016年1月末に最高位の5位をマーク。この週(2月6日付チャート)は、Hot R&B/Hip-Hop Songsチャートで2週目の1位、ラジオ・オンエアを中心としたPop Songsチャートでは、総合チャートで1位と2位を独占していたジャスティン・ビーバー(Justin Bieber)を破って初の1位を獲得。最初のチャートインから26週目で1位となったが、これはPop Songsチャート史上で1位到達までもっとも時間のかかった曲になった。