bmr

bmr>ARTIST db>Jody Watley

ARTIST db

Jody Watley

ジョディ・ワトリー

主に70年代後半から80年代にかけて活躍したディスコ~ソウル・グループのシャラマー(Shalamar)の元メンバーとして知られるベテラン女性シンガー/ダンサー。1983年に脱退後はソロ・シンガーとして活動を続けている。2014年5月にシャラマーのグループ名の法的使用権を獲得し、2015年には自身に新メンバーふたりを加えた形でシャラマーを再始動させている。

1959年、シカゴ出身。牧師の父親が親しかった関係で、ジャッキー・ウィルソン(Jackie Wilson)が名づけ親となる。ゴスペルのラジオ番組なども持っていた父親は、ジャッキー・ウィルソンだけでなく、ジョニー・テイラー(Johnny Taylor)などとも親しく、サム・クック(Sam Cooke)とも知り合いだったという。14歳の頃から『ソウルトレイン』のダンサーを3年間務め、同じくダンサーだったジェフリー・ダニエル(Jeffrey Daniel)と共に、シャラマーのメンバーに選出され、1977年にSoul Train Recordsから『Uptown Festival』でデビュー。“Uptown Festival Part 1”がヒットを記録した。その後、オリジナルのボーカリスト、ゲイリー・マムフォード(Gary Mumford)が脱退してジェラルド・ブラウン(Gerald Brown)に入れ替わり、1979年にはさらにハワード・ヒューイット(Howard Hewett)に替わるというメンバーチェンジを経て、リオン・シルヴァース三世(Leon Sylvers III)のプロデュースした黄金時代に。1979年発売の3作目『Big Fun』から“The Second Time Around”が大ヒットを記録した。

80年代に入ってもシャラマーは“This Is For The Lover In You”、“A Night To Remember”といったクラシックを生んでいったが、グループ内の不和や、所属レーベルのSolar Recordsからの給料に不満を感じ、83年作『The Look』を最後にジョディ・ワトリーは脱退(ジェフリー・ダニエルズも同様に脱退した)。

しばらく渡英した後、アメリカに戻ってきたジョディ・ワトリーはソロとしてMCA Recordsと契約。1987年にソロ・デビュー作『Jody Watley』をリリース。自身も大半のソングライティングに関わったこのデビュー作からは“Looking For A New Love”が全米チャート最高2位の大ヒットとなるほか、“Don’t You Want Me”、“Some Kind Of Lover”などがヒットを記録。翌年のグラミー賞で最優秀新人賞に輝くなど、順風満帆のソロ・デビューとなった。1989年にはソロ2作目『Larger Than Life』を発表し、“Real Love”、“Everything”が大ヒット。またトップ10ヒットとなった“Friends”にはエリック・B&ラキム(Eric B & Rakim)が参加しており、当時はまだ数少なかったシンガーとラッパーの共演によるヒットとなった。

90年代も順調にリリースを重ねていたが、セールス面では下り坂となり、1998年の『Flower』を最後にMCAとの契約を終了。翌年リリースした『The Saturday Night Experience』ではエレクトロニカ~ダウンテンポ的世界に転身し、2001年の『Midnight Lounge』や2006年の『The Makeover』ではケニー・ドープ(Kenny Dope)、キング・ブリット(King Britt)、ルイ・ヴェガ(Louie Vega)、マーク・ド・クライヴ・ロウ(Mark de Clive-Lowe)などと組み、クラブ・サウンド寄りにシフトしていく。

2013年には、ダフト・パンク(Daft Punk)“Get Lucky”移行のディスコ・リバイバルの波を受けて、元シャラマーのジェラルド・ブラウンをバックコーラスに迎え、70年代~80年代のディスコ・ファンクを意識した新曲“Nightlife”を発表。英プロデューサーのソウルペルソナ(Soulpersona)や、ミゲル・アトウッド・ファーガソン(Miguel Atwood-Ferguson)らを起用したEP『Paradise』を2014年にリリースしている。

また2015年4月になって、シャラマーのグループ名の法的使用権を2014年5月に獲得したことを発表し、シャラマーの再始動を告知。ダンサー、振付師でもあるロゼーロ・マッコ(Rosero McCoy)、ネイト・アレン・スミス(Nate Allen Smith)のシンガーふたりをメンバーに迎えた形で新生シャラマーとして活動をスタートさせている。