bmr

bmr>ARTIST db>Rayven Justice

ARTIST db

Rayven Justice

レイヴェン・ジャスティス

自らのレーベル Rayven Justice Music Groupで活動するカリフォルニア州オークランド出身の新進R&Bシンガー/ラッパー。ヒップホップ系のコラボレーションが多い。

1991年生まれ。オークランド出身だが、10歳まではアトランタで育つ。その後オークランドに戻り、兄弟のレイメル・ジャスティス(Raymel Justice)と共にジャスティス・ブラザーズとして活動をスタートするも、2010年9月21日にレイメルが銃撃に遭い、死去。一時は自殺も考えたが、レイメルのために自分ができることは音楽だと気づき、全ての時間を音楽に捧げようと、さらに真剣に音楽活動に打ち込むようになり、ソロ・アーティストとして活動を続けている。

ゲスト参加したラッパーのカファーニ(Kafani)の“Throw The Cash On Her”が話題となったこともあって、2011年末にはカファーニとのコラボレーション作『Both Sides Of The Track』を発表。その後、自身のRayven Justice Music Groupを設立し、大手ディストリビューターのEmpire Distributionとパートナー契約を結ぶ。2013年に、デ・ラ・ミュージック(De La Musik)がプロデュースしたシングル“Slide Thru”が注目を集め、その後ミーゴス(Migos)が参加したリミックス・バージョンで人気を呼び、2014年1月にミックステープ『I Have A Dream』を発表。ミーゴスやカファーニから、トゥー・ショート(Too $hort)、アイアムスー(IamSU!)、セージ・ザ・ジェミナイ(Sage The Gemini)、ジョン・ハート(John Hart)、ティーフライ(TeeFLii)と、西海岸~南部の才能が集結した内容で脚光を集めた。

2014年3月にはミーゴス参加の“Slide Thru”がシングル・リリースされ、8月には『I Have A Dream』のEPを発売。同年11月に、プレジャー・P(Pleasure P)との新曲“How I Do It”や、新たにゲスト・アーティストを迎えたリミックスなどを収録した『I Have A Dream (Deluxe Edition)』でアルバム・デビューを飾った。