bmr

bmr>ARTIST db>Rae Sremmurd

ARTIST db

Rae Sremmurd

Rae Sremmurd

レイ・シュリマー

2016年の“Black Beatles”の大ヒットで知られる、アトランタを拠点に活動する新進兄弟ラップ・デュオ。兄のスリム・ジミー(Aaquil “Slim Jimmy” Brown)と弟のスウェイ・リー(Khalif “Swae Lee” Brown)のブラウン兄弟によって結成された。グループ名が読みづらいからか、本人たち自ら「レイ・シュリマード」(ˈreɪ ʃrˈɪmɜːrd)と発音すると説明している。日本のメーカー表記では「レイ・シュリマー」となっている。

スリム・ジミーは1993年12月生まれ、スウェイ・リーは1995年6月生まれ。それぞれ生まれはカリフォルニア州イングルウッドだが、母親が米軍で働いていた関係で、幼少期はミシシッピ、メリーランド、テキサスなど全米を転々として育ち、後にミシシッピ州テューペロに落ち着く。兄弟は幼い頃からダンスなど音楽に関心を持ち、スウェイ・リーは10歳頃にFruity Loopsを使ってビートを作るようになったという。地元の友人と共にヒップホップ・グループ=デム・アウタ・ストレイト・ボーイズ(Dem Outta St8 Boyz)を結成するなど10代から音楽活動を始め、次第に音楽の道を真剣に志すようになる。2010年にはデム・アウタ・ストレイト・ボーイズとして“Party Animal”という曲を発表している。

その後、メンバーチェンジを経ながら活動を続ける中で、マイク・ウィル・メイド・イット(Mike WiLL Made-It)のレーベル Ear Drummersに所属していた新進プロデューサーのP・ナスティ(P-Nasty)の招きでアトランタへレコーディングに向かう。そしてP・ナスティの紹介でマイク・ウィル・メイド・イットと出会い、マイク・ウィルのレーベルと契約。同時期に他のメンバーがグループを脱退したことから、兄弟デュオとして新しくスタートを切った。ブラウン兄弟が新たに名乗ったレイ・シュリマーというアーティスト名は、「Ear Drummers」をそれぞれ逆からスペリングしたもので、マイク・ウィルの提案だったという。マイク・ウィルは、2013年12月にInterscope Records傘下にEar Drummers Entertainmentを立ち上げ、レイ・シュリマーはその第一弾契約アーティストとなった。

後見人マイク・ウィル・メイド・イットのミックステープに参加したことがきっかけで注目を集めるようになったレイ・シュリマーは、2014年5月にデビュー・シングル“No Flex Zone”をEar Drummers/Interscopeからリリースするとじわじわと話題になり、ニッキー・ミナージュ(Nicki Minaj)とフレンチ・モンタナ(French Montana)が参加したリミックス・バージョンの存在もあって、全米シングル総合チャートで最高36位を記録。続く“No Type”はさらにそれを上回る、最高16位を記録と、いきなりヒットを飛ばした。そして2015年1月にはメジャー・デビュー・アルバム『SremmLife』を発表し、全米アルバム総合チャートで初登場5位、R&B/ヒップホップ・アルバム・チャートで初登場1位を獲得する。

そして大ブレイクを果たしたのが2016年。同夏に発売されたセカンド・アルバム『SremmLife 2』からの第三弾シングルとして発表された“Black Beatles”が、マネキンのように静止した状態を保つことに挑戦するバイラル動画「マネキン・チャレンジ」のBGMに使用されるようになり、「マネキン・チャレンジ」の爆発的流行に伴って人気が加速。曲中には「俺とポール・マッカートニーは親戚」とうそぶく歌詞も登場するが、本家ポール・マッカートニーまでもがこの“Black Beatles”を使用したマネキン・チャレンジ動画を公開するなど一大旋風を巻き起こし、2016年11月16日付の全米シングル総合チャートで1位に上昇。当時、12週連続で1位と独走していたチェインスモーカーズの“Closer”を2位に下しての首位獲得だった。“Black Beatles”は12月末まで6週連続で1位となり、通算で7週の1位を獲得する大ヒットとなっている。

またスウェイ・リーは、マイク・ウィル・メイド・イットがプロデュースしたビヨンセ(Beyonce)“Formation”でアドリブのボーカルを加えるなど制作に貢献していることも話題になったが、2017年にはフレンチ・モンタナ(French Montana)の“Unforgettable”にソロでゲスト参加。同曲は全米シングル総合チャートで最高3位を記録する大ヒットとなった。他にもスウェイ・リーは、記録的なヒットとなった映画『ブラックパンサー』のサウンドトラック的作品『Black Panther: The Album』や、ポスト・マローン(Post Malone)の大ヒット作『beerbongs & bentleys』などに参加し、またグッチ・メイン(Gucci Mane)の2016年作『Everybody Looking』では、カニエ・ウェスト(Kanye West)が参加した“Pussy Print”に共同プロデューサーとして名を連ねるなど、個人での活躍も目立っている。