bmr

bmr>ARTIST db>iLoveMakonnen

ARTIST db

iLoveMakonnen

iLoveMakonnen

アイラヴマコーネン

アイラヴマコーネンことマコーネン・シェラン(Makonnen Sheran)はニューヨークのラッパー/シンガー。2014年9月、ドレイク(Drake)のOVO Soundとの契約が発表された。I Love Makonnen、ILOVEMAKONNENとも表記される。2016年4月、OVO Soundを離れ、単独でWarner Bros. Recordsと契約していることを明かした。

LA出身だが13歳でアトランタに移り、アトランタを拠点に活動を始めた。元々は無料EPとして2014年7月に発表された『iLoveMakonnen』から、ソニー・ディジタル(Sonny Digital)とメトロ・ブーミン(Metro Boomin)が手がけた“Club Goin’ Up On A Tuesday”や、メトロ・ブーミン制作の“I Don’t Sell Molly No More”が注目を集め、後者をマイリー・サイラス(Miley Cyrus)が取り上げるなどして話題となる。その後、“Club Goin’ Up On A Tuesday”を聴いたドレイクが気に入り、OVO Soundに契約すると共に、自身が参加したリミックス・バージョンを制作。9月1日には、OVO Sound入りの発表と同時に、このドレイク参加バージョンが“Tuesday”としてOVO Sound/Warner Bros.から発売され、全米チャートで最高12位のヒットとなった。12月には、ドレイク参加の“Tuesday”も収録する形で『iLoveMakonnen』がOVO Sound/Warner Bros.から発売された。なおOVO Sound/Warner Brosと契約後、ニューヨークに活動の拠点を移している。

2015年の第57回グラミー賞では、ドレイクとの“Tuesday”がグラミー賞の最優秀ラップ・歌唱コラボレーション部門にノミネートを受けている。