bmr

bmr>ARTIST db>Selah Sue

ARTIST db

Selah Sue

セラ・スー

プリンス(Prince)やミシェル・ンデゲオチェロ(Meshell Ndegeocello)らにもその才能が認められたベルギーの女性シンガー・ソングライター。ローリン・ヒル(Lauryn Hill)、エリカ・バドゥ(Erykah Badu)、ボブ・マーリー(Bob Marley)をアイドルとしており、ギターを片手にソウル、ファンク、レゲエなどをコケティッシュな声で歌う。

2009年にデビューEP『Black Part Love』をリリースし、同年にはオランダの世界的フェス〈North Sea Jazz Festival〉などに出演。翌年にはセカンドEP『Raggamuffin』をリリース、表題曲“Raggamuffin”がヨーロッパを中心に話題となり、プリンスのベルギー公演の前座も任された。また同年には、シー・ロー(Cee Lo Green)の大ヒット作『The Lady Killer』のインターナショナル版に参加し、“Please”でデュエットを披露。この曲は、2011年に発売されたデビュー・アルバム『Selah Sue』にも収録された。ミシェル・ンデゲオチェロやも参加したデビュー作は、母国ベルギーのチャートで1位を獲得したほか、フランスを中心にヨーロッパでヒットを記録し、70万枚近くを売り上げるヒットを記録。2012年には、アメリカでも『Selah Sue』が発売され、J・コール(J. Cole)が参加したリミックス版“Raggamuffin”が話題を呼んだ。