bmr

bmr>ARTIST db>Victoria Monét

ARTIST db

Victoria Monét

Victoria Monét

ヴィクトリア・モネイ

アリアナ・グランデ(Ariana Grande)への楽曲提供で知られるサクラメント出身の女性R&Bシンガー・ソングライター。ほとんどの場合、プロデューサーのトミー・ブラウン(Tomnmy “TBHITS” Brown)とコンビを組む。フルネームはヴィクトリア・モネイ・マキャンツ(Victoria Monét McCants)。

元々は、ロドニー・ジャーキンス(Rodney Jerkins)がバックアップしていた女性トリオ、パープル・レイン(Purple Reign)のメンバーで、当時はヴィクトリア・マキャンツと名乗って活動していた。ヴィクトリアはMySpaceを使ってロドニーにアピールし、パープル・レインのオーディションを受ける機会を得。見事に合格。その後LAに活動拠点を移し、パープル・レインとして活動をスタートさせた。また、ロドニーが手がけたションテル(Shontelle)“Perfect Nightmare”、“Take Ova”(2010年作『Gravity』)や、ディディ-ダーティ・マニー(Diddy-Dirty Money)“I Hate That You Love Me”(2010年作『Lat Train To Paris』)にソングライターとして参加している。パープル・レインとしては、ロドニーのレーベルを通じてMotown Recordsと契約し、2010年にはミックステープ『Darkchild Presents Purple Reign』を発表していたが、翌年に解散している。

その後ロドニーの下で働いていたトミー・ブラウンとタッグを組むようになり、2012年にはナズ(Nas)の『Life Is Good』収録の“You Wouldn’t Believe”の制作にトミーと共に参加。ゲスト・ボーカリストとしてフィーチャーもされるという抜擢を受けた。さらに同年にはカニエ・ウェスト(Kanye West)率いるG.O.O.D. Musicのコンピレーション『Cruel Summer』にて、トミーとトラヴィス・スコット(Travi$ Scott)が手がけた“Sin City”のソングライティングに関与する。

翌2013年には、T.I.率いるハッスル・ギャング(Hustle Gang)によるシングル“Memories Back Then”にソングライターとして参加。加えて、クリセット・ミシェルの2013年作『Better』に“Visual Love”をトミーと共に提供し、またアリアナ・グランデが同年にリリースしたデビュー・アルバム『Yours Truly』には“Honeymoon Avenue”、“Daydreamin’”の2曲の制作にトミーと共に関わる。

アリアナ・グランデとは以降もコラボレーションが続いており、2014年作『My Everything』に表題曲をはじめ4曲を提供、2015年に発表されたクリスマスEP『Christmas & Chill』では全曲をトミーと共に手がけるなど信頼が厚い。2016年作『Dangerous Woman』でも“Let Me Love You”、“Be Alright”など7曲で貢献した。2018年11月には、トミー・ブラウン制作のアリアナ・グランデ“thank u, next”で初の全米シングル総合チャート1位を手にした。ソングライターとしては、アリアナ・グランデの他に、クリス・ブラウン、フィフス・ハーモニー、ジョーダン・スパークスらの楽曲を手がけている。

ボーカリストとしても、ブリアーナ・ペリー(Brianna Perry)のミックステープ『Symphony No. 9: The B Collection’』、エリック・ベリンジャーのミックステープ『Born II Sing Vol. III』に参加するなど活躍の場を広げ、Atlantic Recordsとのメジャー契約のオファーもあったが、インディペンデントの道を選ぶ。そしてB.o.Bのミックステープ『No Genre Pt. 2』やT.I.『Paperwork』への参加を経て、2014年10月に、自身のデビューEP『Nightmares & Lullabies (Act 1)』を発表。B.o.Bやタイ・ダラー・サイン(Ty Dolla $ign)らが参加した。

当初は同年11月にEP第2弾を、12月にフル・アルバムをリリース予定としたが、EP第2弾である『Nightmares & Lullabies: Act II』は2015年6月の発売と、大幅に延期された。その後アルバムはリリースされないまま、Empire Distributionとの配給契約を結び、2017年4月に“Ready”をリリース。デビュー・アルバムの発表が待たれている。2018年2月に『Life After Love Pt. 1』、同10月に『Life After Love Pt. 2』とEPをリリースしているが、アルバムについてはまだアナウンスはない。 

2018年11月にバイセクシュアルであることをカミングアウトした。